インプラントは保険の対象になるか

インプラントという手術ですが、最近いろいろな歯科医院に行くとお目にかかる名称です、
写真付きで、インプラントの有効性が書かれていて、最先端の歯の治療法だということがわかります。
そこで、どれだけの人が、インプラント治療を行っているかといえば、そんなに人数はいないようです。
治療方法を考えると、自分の歯の代わりに半永久的に使える歯が手に入るようですが、未だに入れ歯をしている老人を見かけます。
この人インプラント治療をすればいいのにと思うときもあります。
なぜ、あまりインプラントが世の中に広がっていないのでしょうか。
それには理由があります。
治療法が悪いわけではありません。
治療法は文句の付けようがないくらい立派なものです。

インプラントにかかる費用が一般の人では支払えないくらい高額になるということです。
その理由として、保険が使えないことが大きな要因となっています。
未だに保険が使えないので、治療をしようと考える人が少ないのです。
インプラント治療を行うことで、かかる費用が1本当たり数十万円するということです。
では保険がなぜ効かないかといいますと、必要不可欠な治療ではないことに原因があり、ます。
インプラント手術をしなくても、それに代わる治療法として、入れ歯を入れればいいということになります。
現在の医療費の増加を考えると、仕方がないことではあります。
ただし、保険が効いたとしても、1本のインプラント治療をするには指定でも10万円は掛かります。
保険が効いたとしても、この金額ですとあまりインプラント治療をするとは思えません。
ただ、保険が効いて今より需要が多くなれば、インプラント治療の価格ももっと安くなると思います。
そうなると、誰でもお年寄りは、インプラント手術をしてから死ぬまで硬い食べ物でも平気に食べることができると思います。
例外として、事故などで、どうしてもインプラント手術が必要な倍などは、保険が効くようです。